マカDXを楽天よりも

元気がない時にこそ人に親切にする

元気がない時にこそ人に親切にする事が
大切です。

 

元気がない時や出ない時は誰しもが経験してことがあると思います。

 

私も朝起きた時から「今日はなんかしんどいな、元気でないな」と感じたり、仕事で嫌なことや上司に怒られたり、人間関係がうまくいかなくて
イライラしたりと、元気が出ない時が多くあります。

 

元気が出ない時は仲の良い友人とご飯を食べに行ったり、遊び(カラオケや映画鑑賞)にいってパワーをもらうことをよくします。

 

つまりは自分の好きなことをしてストレス発散をしていることに近い感覚ですかね。

 

あとは1人でドライブに行って音楽をでかい音量で聞いてる時も元気をもらいます。

 

その中でも一番元気をもらうのは人に親切なことをした時ですね。

 

元気がでると同時に「なにそんなことでくよくよしてんだ」「気にしていたことが小さく思える」と気持ちが楽になっていきます。

 

最近あった出来事ですが、仕事の人間関係や自分自身のことについて自己嫌悪になり、元気がありませんでした。

 

仲の良い同僚とご飯に行き他愛もない話をして気分転換をしていました。

 

その時に違うテーブルの年配の女性が店員を呼んでいました。ですが、店員はその呼ぶ声が聞こえていなく全然気付きませんでした。

 

そこで店員の近くにいた私は店員に「あのお客さんが呼んでるよ」と伝え、店員はそのお客さんのところへ向かいました。

 

しばらくしてから、その年配の女性が私のテーブルまで来られ「先ほどはありがとうございました。」とわざわざお礼を言いに来られたんです。

 

その時に素直にうれしく元気がでました。

 

自己嫌悪で元気がない私に元気をくれました。

 

元気は人からも与えてくれるものだと私は気付くことができました。