マカDXを楽天よりも

力を出すには自然にふれる

力を出すには自然にふれる方法を
紹介しています。

 

元気がなくなることは誰にでもあることです。

 

それは体力的なこともあれば人間関係や悩みなどの精神的なこともあります。

 

でも無理に元気を出さなくてもいいのです。無理矢理元気を出そうと思えば栄養ドリンクなりを飲めばすむこと。

 

しかし、そんなものは一時しのぎに過ぎずやはりまた元気はだんだんとなくなっていきます。

 

じゃあ元気を出すには何がいいのかというと単純に自分が好きなことをすればいいのです。

 

皆さんは元気がなくなると何をしますか?僕は人通りの少ない田舎にいき自然を見にいきます。

 

鳥のさえずり、風や川の音、どれも都会の雑音だらけの世界では聞くことができないものです。

 

その中に一人でいるととても心が落ち着きます。一人だと気を使わない分、楽になれます。

 

ほかには小さな目標をもつこと。例えば妻や彼女と旅行にいく、来月に自分が欲しい物を買う、友達と遊びに行くといったように小さな目標をもつことです。

 

もっていることで頑張ろうという気持ちが芽生えてきます。皆さんも元気がなくなったときはぜひ上記のことをためしてみてはいかがでしょうか?

 

落ち込んでいる本人を責めず温かく接する気持ちが大事

 

様々な事情により元気を無くしている身近な人間を普段から見ているもの程、こちらが辛い事はありません。

 

何とか元気を出してもらおうと色々と工夫して声掛けをしたり、アドバイスを送ったりするのですが、肝心の本人は上の空で効果の程も分からず、時間が経つにつれこちらが投げたしたくなる様な心境となってしまいます。

 

実はその時本人は最も他人に頼りたく、それでいて実際に頼る勇気が無く大きな不安を抱えているものなのです。

 

自分の訴えた事が全て拒否され、馬鹿にされ、まともに受け取ってもらえないかも知れないという恐怖が支配し、一見無関心に上の空を演じているだけのパターンも多いのです。

 

そういった硬い心を解くには強い信頼感と共に粘り強く訴えかけてゆく必要があります。

 

デリケートな人であれば、例え本人にその理由があっても厳しく責めるのは厳禁です。

 

本人を励まし気持ちを前向きにしてあげる言葉や態度が最も効果的に違い無く、そこから本人が自分の居場所を確保し、次第に元気を取り戻すきっかけになってゆくのです。